\ (繁体中文) 標記文章 "TEON" - Lakoo | 拉闊 - page 3

TEON

土竜の巣

(繁体中文) 發佈日期 July 14th, 2015 by

 ドレイク山岳地下監獄の最下層には土竜・スコットの巣がある。その巣の中央にはたくさんの絶世の宝が床に散らかっている。そして周りにはたくさんの屍が横たわっている。スコットはこの奥に眠っていて、宝を守っている。

 この地に達するには、人影の少ないドレイク山岳を通り抜けて、妖魔が横行するドレイク山岳地下監獄に入らねばならない。長い旅に数え切れない危険、それでも貪婪な者の足止めには成れなかった。彼らは次々と突き進む。次々と命を失う。それでも地下の宝を持っていくことができなかった。残るのは、腐った死体と貪欲の悪魂だけである。

lairofscatha

デメロット地下監獄

(繁体中文) 發佈日期 July 9th, 2015 by

damelotdungeon

    凶暴尚武のアッティラはアーサー王のナイトが無能であると思っている。しかし同時に、各地のナイトが手を組んで自分に抗うのを恐れている。帝を称した後、彼はナイトを皆殺しにした。しかも、ナイトの聖地キャメロットをデメロットに改名し、ナイトの無能を風刺している。

 このデメロット地区で、アッティラが地下監獄を造った。そして、黒魔法で大量の不死系妖魔を呼び出し、ナイトをそこに閉じこんだ。ナイト達を地下監獄の中、死ぬまで妖魔と戦い続かせる。

 デメロット地下監獄、ここがナイトが栄光を守るための最後の戦場である!


デメロット地下監獄:「デメロット ダンジョン」と読む。

エルベン地下監獄

(繁体中文) 發佈日期 July 7th, 2015 by

elvendungeon

 オルカの首領がエルベレスの美貌に垂涎してエルフに戦争を起こした。エルフ全種族が力を尽くして立ち向かう。そして勝利を収めた。しかし、その戦争が両方に大きな損失をもたらした。

オルカは偏狭で、睚眥の怨みも必ず報いる性質である。戦敗して尚、一部分のオルカは反省せず、エルベン・ガーデンの中に潜めて、奇襲を企んでいる。優しいエルフは殺戮に忍びないため、エルベン地下監獄を建てた。その潜伏していた暴戻なオルカ達を全数地下監獄に送った。

 エルベン地下監獄は地下にあるが、世界樹の旺盛な生命力の影響で、日光の射し込めないこの場所でも疎らな草木も生長できる。


エルベン地下監獄:「エルベン ダンジョン」と読む

王子

(繁体中文) 發佈日期 June 29th, 2015 by

王子はアーサー王の末裔である。勇敢で強くて、民に愛される者であったが、今、王族としての栄光はもうない。彼は王者の慈しみを尽くし、アッティラの暴政を叱責する。そこで、王子はエジン大陸を旅し、志を持つ同士を集め、強力な盟軍を建てる。王子は知っている。これは彼一人だけの戦いではない。不思議な力を持つ魔道士、勇敢なるナイト、善良なエルフ及び他の未知のものも彼の力に成る!彼はリーダーになり、ギルドを建て、メンバーを連れてエジン大陸を戦に赴く。

royal

トロル

(繁体中文) 發佈日期 June 25th, 2015 by

トロル、体形は人類よりやや大きい人型怪物である。サイクロプと比べれば少々痩せている。大きな口の両脇に鋭い牙が二つずつ突き出ている。右肩に根つきの大木、左肩の三本の骨がゼラチン状筋肉に刺さっている。大きな手のひらに尖った爪、三本の足指だけ生えている巨大な足……体形はサイクロプより小さいものの、力はサイクロプに劣らない。大木を武器にし、自由自在に振り回す。迅速な攻撃から逃げるものはそうそう無い。たとえ強い相手と対面しても、背水の陣を敷く覚悟を持って戦うことができる。なぜなら、トロルは二回目の命があるからである。

troll

セリューリン

(繁体中文) 發佈日期 June 23rd, 2015 by

始めは珊瑚の如く終わりは海獣の如し。ナメクジみたいな軟体巨大生物――セリューリンが深海に蟄居する。威嚇のような四本の触角に棘がつき、大きな口の周りに鋭い牙が生えている。暗線毒液がジェル状の身体を包んでいるので、敵がセリューリンを攻撃する際、飛び散る毒液に警戒が緩めない。そして、セリューリンの攻撃パターンは主に、触角で獲物をロックオンし、血肉の中に牙を刺し、食い千切る。

seryilin

トリトン

(繁体中文) 發佈日期 June 18th, 2015 by

トリトン――エスコンに住む人型海洋生物である。体形と体重は人類とあまり変わらない。強い両腕に鈍斧を持っている。違うのはトリトンの頭部に触角がいっぱいで、四肢とも尾鰭がついている。サンゴ虫がいつも宿っている所為で、背中は硬くて尖ったサンゴが生えている。ダークブルーの目に映っているのは彼らの偏屈の心である。この種族は他の種族を度外視する。そういう性格が原因で、トリトンは不必要な戦争が避けがちであるが、家族を守るためなら、猛々しくなる。片手で巨大斧を持ち上げ、敵の頭蓋骨を狙って一気に切り落とす。

triton

男エルフ

(繁体中文) 發佈日期 June 16th, 2015 by

戦乱のエジン大陸で僅か残っている唯一の神聖の場、そこに自然の寵児――エルフが住んでいる。水が授ける命と自然を愛し、森でのほかの種族や動物と仲良くする。彼らは自由と正義に憧れ、邪悪種族を敵視する。醜いオルカとは犬猿もただならぬ仲である。オルカの侵入を阻止する戦争の中で、勇敢な男エルフはその弓矢でエルフ族の神聖にして侵すべからずプライドを守った。茂る古き森の中行ったり来たりし、敏捷な身動き、鋭い目つき、完璧な弓矢の使いこなしと合わせて、千里の外にいる敵の命をとる。野蛮なオルカに重い一撃を与える!

elf3

女エルフ

(繁体中文) 發佈日期 June 11th, 2015 by

エルフは、ボルト神が生命形体に水の精魂を注入して生まれる生き物で、創世神テオンが創り出した第一の生命形体である。綺麗な顔立ち、しなやかな身体、美しい声、テオンは世の中の女の一番素晴らしい部分をすべて女性のエルフに授けた。それだけではなく、女エルフは優れた遠隔攻撃能力の持ち主である。彼女達は立派なアーチャーで、自然の力を矢に付着させ、その矢が光り輝く空を引き裂き、少しの偏差も無く、目標に命中しぶち壊す。

elf2

ドワーフ

(繁体中文) 發佈日期 June 9th, 2015 by

 創世神テオンは万物を創る。彼は神を五柱創り出した。五柱の神それぞれ違う権力と司るものがある。

    長女ティラは土を司る。テオンが生命形体を創る時、ティラは大地の魂を第三の生命形体の中に注ぎ込んで、背丈の低いドワーフが生まれてきた。ドワーフは動物とコミュニケーションするのが好き、地下のたくさんの鉱物と宝石がさらに好き。背丈は低いが知性はある。工芸の研究に夢中する。新しい物事に好奇心を示す。そんな訳で、金毛の雄羊の金色の毛が聖物だと知って、全てを賭けても奪い取りたがっている。

dwarf